Entries

日本には元気な会社がたくさんある

今日の「ダイアログとデザインの未来」(慶應SDM公開講座)は面白かった。いや、感動した。

以下、藤野英人さん(レオス・キャピタルワークス(株)取締役)の講演の一部。

東証平均株価は最近10年間(2002.12-2012.12)で2%しか上がっていないが、66%の会社(1700社)は毎年7%成長し、10年で2.2倍に。実は、日本には成長している会社がたくさんある。なぜか。大企業の株価が足を引っ張っているのだという。TOPIX CORE 30はマイナス24%。一方、中堅の66%は伸びているのだ。東証2部も10年でプラス67%。つまり、おおざっぱにいうと、大きな会社が伸びていない一方、中堅企業が伸びているということ。

成長する日本の会社を見分けるユニークな方法があるという。会社のホームページに社長と役員の顔が出ている会社のパフォーマンスは高い。経営者に覚悟があるから。

日本人は不真面目。まじめを取り違えている。まじめとは、本質的なことを徹底的に考えること。日本では、ミッションやビジョンなど、本質について突き詰めることが足りない。アメリカの会社ではそのような議論が多い。意外と小さい会社の方が、自分の会社はなぜ存在しているのかを考えているのではないか。

10年間に6000人くらいの社長と会っているが、いい会社の社長にはパターンがある。聞くと過去の話を語る人ではなく、自ら未来の話をする人。そして、話が止まらないばかりか、目が潤んでくる人。自分の仕事の話をしていて目が潤んで来ない人は、その仕事が自分にふさわしい仕事ではないということ。

「ゆかし」の精神(見たい、知りたい、聞きたい、心が引かれる)に素直に。好奇心を持って生きるべき。

どの言葉も心に響いた。がんばるぞ!




藤野英人さんの本。
    
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://takashimaeno.blog.fc2.com/tb.php/81-b885ca28

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR