FC2ブログ

Entries

あなたが足の薬指だったら

【あなたが足の薬指だったら】

想像してみてください。
あなたが足の薬指だったとしたら。
想像できるでしょうか。

いつもあなたと一緒にいる
大切な薬指のことですから
想像できますよね。

あなたが足の薬指だったら、
足の中指のやつ、俺より大きくて生意気だなあ、と妬みますか?
足の小指、へへーん、ちっちぇーなー、と見下しますか?
反対の足の薬指を見て、ライバルだから蹴落としてやると思いますか?
手の薬指を見て、なんだか華やかで羨ましいなあ、と思いますか?
目を見て、雲の上の存在、自分とは違う世界にいる人だなあと思いますか?
口を見て、僕はあんなふうには歌えないなあと思いますか?
鼻を見て、あんな風にいい匂いを嗅げないなあと嘆きますか?

全身で歩き出した時、あなたには大きな力がかかります。
なんだよ、全身、俺にばかりストレスかけるなよ、と不平を言いますか?
全身が走り出した時、嵐が来たと不安になりますか?
お風呂に入った時、急に熱くなったとびっくりしますか?
サッカーボールを蹴る時、すごい衝撃に驚きますか?

そうではないはずです。
足の薬指は、どんな時も、文句も言わず、
体の他の部分と力をあわせ、
自分にできることを行いながら、
生きています。

雨の日も、風の日も。
体が病気になって苦しんでいる時も、
脳が大変な仕事でがんばっている時も、
辛いことがあって苦しんでいるときも、
よろこびに満ち溢れている時も。

足の薬指をあなたに、
全身を地球に、
置き換えてみてください。
想像できるでしょうか。

いつもあなたとともにいる
大切な地球のことですから
想像できますよね。

隣の大きな人を見て、俺より大きくて生意気だなあ、と妬んでいませんか?
隣の小さな人を見て、へへーん、ちっちぇーなー、と見下していませんか?
少し離れたライバルを見て、蹴落としてやろうと思っていませんか?
成功した友人を見て、華やかで羨ましいなあ、と思っていませんか?
大成功した有名人を見て、雲の上の存在、自分とは違う世界にいる人だと思っていませんか?
歌う人を見て、僕にはあんなふうには歌えないと思っていませんか?
華やかな人を見て、あんなふうに自分らしくは生きられないとあきらめていませんか?

世界に何かが起こった時、あなたには大きな力がかかります。
どうして自分にばかりストレスがかかるんだろう、と嘆きますか?
パンデミックや災害の時、先が見えなくて不安になりますか?
気候変動で暑くなったととき、自分は無力だとうろたえますか?
時代変化の衝撃に驚き立ちすくみますか?

そうではないはずです。
私たちは、地球上に住む兄弟。
みんな仲間なんです。
あなたは、どんな時も、
すべての他の人々と力をあわせ、
自分にできることを行いながら、
生きていくべきではないでしょうか。

雨の日も、風の日も。
地球がパンデミックで苦しんでいる時こそ、
みんなで力を合わせましょう。
だれかが大変な仕事でがんばっている時には、
手を差し伸べましょう。
辛いことがあって苦しんでいる人がいたら、
助けにいきましょう。
戦ったり、歪みあったり、人のせいにしたり、
人と比べたり、ねたんだり、羨ましがったり
している場合ではありません。

地球はあなた、
あなたは地球なのですから。

地球がこれからも、
よろこびに満ち溢れた
美しい惑星でありますように。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://takashimaeno.blog.fc2.com/tb.php/532-7c3cbe02

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Takashi Maeno

Author:Takashi Maeno
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(慶應SDM)ヒューマンシステムデザイン研究室教授
慶應義塾大学ウェルビーイングリサーチセンター長兼務
前野隆司

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR