FC2ブログ

Entries

幸せな職場の経営学 〜「働きたくてたまらないチーム」の作り方

5/30発売の拙著『幸せな職場の経営学 〜「働きたくてたまらないチーム」の作り方』(小学館)。さっそく、いろいろな方から、いろいろな質問をいただいています。ありがとうございます。お答えします!

まずは、どんな内容なの? というご質問。目次は以下の通りです!

第1章 どんな職場が「幸せ」なのか
第2章 ウェルビーイング第一主義が世界を変える
第3章 幸せな職場の実践例
第4章 職場の悩みQ&A すべての組織は幸せになれる!
第5章 職場で今すぐできる幸せのレッスン
第6章 働き方の未来

つづきまして、第4章のQ&Aにはどんな質問があるの? というご質問。はい、以下です! ぜひ読んで、みなさまのよくある悩みを解決してください!

1 やる気とモチベーションについての悩み

1-1 部下がいつも受け身で、主体的に仕事を進めようという気勢が感じられない
1-2 会議などでメンバーが積極的に発言しない

2 人事と職場の人間関係に関する悩み

2-1 良い人材が採用できない
2-2 上司を尊敬できない
2-3 若手がすぐに辞めてしまい、育たない
2-4 チームの雰囲気が悪い

3 リーダーシップについての悩み

3-1 次世代リーダーが育たない
3-2 ビジョンが浸透しない
3-3 イノベーションが起こらない
3-4 チームリーダーになったが、前任者と比べられて辛い

また、幸福度アセスメント(アンケート)も掲載しました。伊那食品工業、ダイヤモンドメディア、ヤフー、ユニリーバジャパンの経営者の皆様にも取材させていただきました。私がこれまで関わってきた幸福度向上施策についても書きました。文化心理学における個人主義と集団主義の違いや、東洋と西洋の比較文化論についても述べました。原丈人さんの公益資本主義、新井和宏さんの共感資本、西條剛央さんの構造構成主義、紺野登さんの目的工学、松久寛さんの縮小社会、広井良典さんの定常型社会、小田亮さんの利他学、オットー・シャーマーさんのU理論、ケン・ウィルバーさんのインテグラル理論、ロバート・キーガンさんの成人発達理論、フレデリック・ラルーさんのティール組織などなどにも(少し)言及しました。もちろん、ティール組織、ホラクラシー組織についても書きました。現在の働き方改革や健康経営の課題についてももちろん書きました。それらも踏まえて、ウェルビーイング第一主義(幸せファースト!)について熱く語った渾身の書です。ぜひ、読んでください! よろしくお願い致します!

Amazonのページはこちら
↓↓↓↓↓↓
https://amzn.to/2HW2viL
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://takashimaeno.blog.fc2.com/tb.php/493-e4d32a95

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR