Entries

『幸せの日本論 日本人という謎を解く』(角川新書)お勧めフレーズ集(5)

幸せの日本論 日本人という謎を解く (角川新書)』お勧めフレーズ集

『幸せの日本論』(2015年4月10日発売)の文章の一部を順次ご紹介しています。全7回シリーズの5回目です。アメーバのような、きょろきょろした日本。きょろきょろというのは内田樹さんの『日本辺境論 (新潮新書)』からの引用です。

愉快ですね。日本列島が巨大なひとつのアメーバのようです。何を考えているのか得体が知れない。たくさんの目がきょろきょろして世界を見ている。決して一億人全員の目が世界の最新を探しているわけではなく、鋭く素早いわけではない。むしろ、世界の変化を機敏に見定めるという点では出遅れている。でも、きょろきょろと見ている。人種的多様性は小さいから、単一民族に見える。しかし、何も考えていない人から、個人主義的な人、集団主義的な人、神道的な人、仏教的な人、リーダー、学者、右向きの人、左向きの人、いろいろいる。意外と多様である。困っている人も、幸せな人もいるが、かなりの高度な秩序は保たれている。決して馬鹿ではない。サモアの酋長の気持ちも、アメリカ人の気持ちもわかる、国民。しかし、世界に日本のすごさを発信するという感じでもない。これまでも日本的で、これからも日本的であるだろう、日本。
(第9章「日本はどれくらい特殊なのか」より)

下の図は、おまけ。政治哲学の系譜。
図5

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://takashimaeno.blog.fc2.com/tb.php/339-e9c30abd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR