Entries

論文が100編に!

山形大学の野々村先生らとの共同研究の論文採択が決定。これに伴い、僕の名前の載った論文の合計が100編になりました!(ただし、日本機械学会、シンセシオロジ―など、同じ内容の日本語論文と英語論文がある場合は2編とカウントしています。)論文のリストはこちら

元いた慶應義塾大学理工学部では、年齢の2倍くらい論文を書いているのは教員として普通だと思うので、100というのは特に自慢するような数ではないし、研究は質より量という面もあるので騒ぐべきことではない。そうはいっても、研究者としての基本である論文の指標のひとつである論文数が区切りのいい数に達したのは素直にうれしい。一緒に論文を書いてきたみなさん、ご協力いただいたみなさん、どうもありがとうございました。これから一緒に書こうとしているみなさん、これからもがんばろう!

せっかくの機会なので内訳を分析してみた。なんと3分の1が古巣の日本機械学会論文集でした。しかし、2位には、SDMに移ってから投稿し始めた地域活性学会が!なんと掲載誌の種類は37!こんなに色々なところに論文を書いている研究者はもしかして少ないのではないか。日本語:英語=63:37。分野によっては「英語じゃないと論文じゃない」という人もいるが、僕の分野ではまあこんなところか(僕の分野って、何?(苦笑))。

日本機械学会論文集C編 33
地域活性研究 7
日本ロボット学会誌 6
Journal of Robotics and Mechatronics 6
日本バーチャルリアリティー学会論文誌 4
Bulletin of JSME 4
IEEE Transactions on Ultrasonics, Ferroelectrics and Frequency Control 3
Colloids and Surface B: Biointerfaces 3
IEEE/ASME Transactions on Mechatronics 2
Journal of Tribology 2
Chemistry Letters 2
日本音響学会誌 2
色材協会誌 2
Advanced Robotics 1
Applied Physics Letters 1
Bulletin of Japanese Society for the Science of Design 1
Cultural, Economic and Social Sustainability 1
IEEE Transactions on Robotics and Automation 1
International Journal of Critical Infrastructures 1
Journal of Sound and Vibration 1
Journal of the Royal Society Interface 1
Sensors & Actuators: A. Physical 1
Social Indicators Research 1
Synthesiology 1
Systems Research and Behavioral Science 1
The International Journal of Environmental, Cultural, Economic and Social Sustainability 1
Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers 1
Transactions on Control, Automation and Systems Engineering 1
計測自動制御学会論文集 1
情報処理学会論文誌 1
シンセシオロジー―構成学 1
生体医工学 1
対人社会心理学研究 1
デザイン学研究 1
日本機械学会論文集A編 1
日本コンピュータ支援外科学会誌 1
日本創造学会論文誌 1

ちなみに、博士の学位は、論文を数本書いた上で、博士論文をまとめると(そして審査に通ると)得られます。
(参考)「慶應SDMで博士号を取得するとはどういうことか?」という、春に書いたブログはこちら

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://takashimaeno.blog.fc2.com/tb.php/231-ff8c327b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR