Entries

南伸坊さんによる僕と池上彰氏の本の書評

南伸坊さんが、今日発売のサンデー毎日(5月5日号)に、拙著『「死ぬのが怖い」とはどういうことか』と池上彰氏の『この日本で生きる君が知っておくべき「戦後史の学び方」』の書評を書かれたそうだ。ありがとうございます。
ちなみに、先ほどは、講談社の企画による斎藤慶典氏(慶應義塾大学文学部哲学科教授)との対談を行った。斎藤先生は僕の上の本と同じ頃に講談社から『中学生の君におくる哲学』という本を出されている。中等部の部長だった頃の話をまとめたものだが、実は拙著と内容が近い。実は編集者も同じ。対談は白熱して面白かった。そのうちWEBに載る予定。

記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://takashimaeno.blog.fc2.com/tb.php/133-d77c3a23

トラックバック

コメント

[C13] 前野先生、こんばんは。

南さんのような柔軟で好奇心旺盛な人が評価してくれて僕も嬉しいです。
また、読み返します!
いつか文庫サイズでも出版されることも期待しています!
  • 2013-04-28 22:22
  • ロン
  • URL
  • 編集

[C14]

ですね。ありがとうございます。
7刷までいったので、たぶん将来文庫本になることでしょう。
  • 2013-05-02 14:33
  • まえの
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR