Entries

地域・コミュニティー活性化のためのデザインワークショップ

慶應イノベーティブデザインスクール(KiDS)第4回公開ワークショップ「地域・コミュニティー活性化のためのデザインワークショップ」の第2回。坂倉杏介先生、白坂成功先生による、「欲求連鎖分析(WCA)による『地域(まち)の居場所』デザイン」。

目玉は3つ(かな?)。

ひとつめは、坂倉さんが「芝の家」などで培った「共同行為における自己実現の段階モデル」ワークショップ初公開(写真参照)。町の居場所への人々の定着と、人々の心の変化(成長)が連動する様を図式化した面白い研究。論文は以下(コピーが欲しい方はご連絡ください)。
坂倉杏介,保井俊之,白坂成功,前野隆司,「共同行為における自己実現の段階モデル」による「地域の居場所」の来場者の行動分析:東京都港区「芝の家」を事例に,地域活性研究Vol. 4, 2013年3月

ふたつめは、欲求連鎖分析(WCA)。これはもうおなじみ。詳しくはこちらへ。

みっつめは、プレイバックシアター風の即興(Improvisation)。観客が突然指定した特徴を持つ登場人物を主役にしながら提案した「町の居場所」のコンセプトを即興劇で表現する、というもの。僕も保井先生、麻生さんとワーク→即興劇をやり、楽しかった。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://takashimaeno.blog.fc2.com/tb.php/109-167ef5e2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR