Entries

月曜日が楽しくなる幸せスイッチ 日曜夕方から憂うつになる「サザエさん症候群」ともサヨナラ

夏から秋にかけて、なんと6冊も本を出します。出し過ぎ!? いえ、どれも心を込めて書きました! それぞれの位置付けは以下の通り。実践 ポジティブ心理学 幸せのサイエンス,PHP新書,2017年8月11日(日本の学者による一般向けのポジティブ心理学の本はこれまであまりありませんでしたので、私の研究も含めて書いてみました!)霊魂や脳科学から解明する 人はなぜ「死ぬのが怖い」のか (講談社+α文庫)、講談社+α文庫、2017年8月...

人間はロボットよりも幸せかー「幸せの方程式」を2人の科学者が解き明かす

物理学者でスピリチュアル界にも詳しく(!?)合気道家でもある保江邦夫先生との対談本が5/16に出版されます。保井先生ではなく、保江先生です。お間違えなきよう(笑)。おたのしみに!人間はロボットよりも幸せか? (「幸せの方程式」を2人の科学者が解き明かす)(マキノ出版、2017年5月)内容紹介:人間に自由意志はあるのか? 人間はロボットの複雑版にすぎないのか? 世界的理論物理学者とロボット工学の第一人者が自在に語った「...

無意識と「対話」する方法 - あなたの難問を解決に導く「ダイアローグ」のすごい力

保井 俊之 (Toshiyuki Yasui)先生との対談本、『無意識と「対話」する方法 - あなたの難問を解決に導く「ダイアローグ」のすごい力 -』が、2017年1月24日に発売される運びとなりました。前作『無意識の整え方』に続き、ワニ・プラスさんより出版されます!対話(ダイアローグ)、幸福学(ウェルビーイング・スタディー)、ポジティブ心理学、マインドフルネス、U理論、NVC(ノンバイオレントコミュニケーション)、コンフリク...

受動意識仮説

受動意識仮説をとっても丁寧に解説してくださっている方を発見。ありがとうございます。http://zeromind.me/nonduality/maenosan-judouisiki-kasetu.html...

『無意識の整え方』増刷!

...

RETREATー森と共に、歩む日々。

お世話になっている 株式会社森へ の森のリトリート。その内容が本になりました。RETREATー森と共に、歩む日々。kindle版のみ。300円です。私はkindleを持っていなかったので疎かったのですが、kindleアプリをPCにインストールすればPCでも見られます。森の美しい写真にいやされます。森のリトリートのノウハウが全部惜しげもなく書いてあります。お得過ぎです。森のリトリートとは何かを知りたい方は、私の本も読んでみてください...

デザインと革新

読破!!!デザインと革新(太刀川 瑛弼 (著)、パイインターナショナル、2016/2/22)慶應の授業もお願いしているnosigner太刀川さん(4月から、慶應義塾大学の全学部!の学生向けに英語でInnovative Design Project (現代ビジネス論I)を一緒に教えます!)のこの本はすばらしい。みんな、買って下さい!「うんうん、確かに」ないしは「なるほどー」とうなずかざるをえないような深い内容がちりばめられています。しかも、はっとさ...

無意識の整え方

人生が変わる! 無意識の整え方 - 身体も心も運命もなぜかうまく動き出す30の習慣 - (ワニプラス)という本が2016年1月26日に発売されることになりました。心身統一合氣道会会長の藤平信一氏、僧侶の松本紹圭氏、株式会社森への山田博氏、東大病院循環器内科の稲葉俊郎氏との対談集です。あとがきにも書きましたが、『人生が変わる! 無意識の整え方 - 身体も心も運命もなぜかうまく動き出す30の習慣』というタイトルは、ちょっとウ...

世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論

著者の永崎裕麻さんに頂いた『世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論』(いろは出版、2015年12月1日、1400円+税)を読みました。とても共感。①シェアが大事、②細かいことは気にしない、③今にフォーカス、④つながりが大事、という話。ある調査で幸せ度世界一となったフィジーに移住した著者の体験談です。タイトルには非常識とありますが、非常識というよりも僕が研究してきたことを徹底している国だと思...

フロー経営・アサーション・U理論・コーチングをマンガで学ぶ

実は、なぜか、マンガづいています。最近、以下の4冊の本を読みました。どの本もとてもわかりやすく本質をついていて、最近気になっていた「フロー経営」「アサーション」「U理論」「コーチング」について短時間ですっきり学べました。いずれもけっこう感動してジーンときました。マンガ、侮るべからず。お勧めです! 僕も『マンガでやさしくわかる幸福学』を出したいものです。『名経営者に育った平凡な主婦の物語 (フロー経営の...

東京人

東京人増刊号。2015年10月15日発売。...

孫の力

「孫の力」という雑誌に掲載して頂きました。ソフトバンクのペッパーと、草野満代さんとともに。全24ページ(24ページから47ページまで)に渡るロボット特集です! 孫を持っている人向けの本だそうです。...

幸せ関連書籍(メモ)

<幸せの研究者>前野隆司:慶應義塾大学教授。心理学及び応用の見地から幅広く幸せに関する研究を行なっている。『幸せのメカニズム 実践・幸福学入門』の著者。NHK幸福学白熱教室(2014年)出演。坪田一男:慶應義塾大学教授。『ごきげんな人は10年長生きできる ポジティブ心理学入門』の著者。大石繁宏:バージニア大学教授。心理学者として国際比較などの学術的幸福研究を行なっている。『幸せを科学する―心理学からわかったこ...

最近頂いた本を3冊ご紹介。『オトナがますます育つ「考え方」の絵本 カフェオレからはじまるイノベーション』。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科特任教授の田子學さんの本です。『人口減少×デザインーー地域と日本の大問題を、データとデザイン思考で考える。』。地域の幸せや女性の幸せについて共同研究もしている issue+design の筧裕介さんの本。私の幸福学研究も参照されています。『Spontaneous Happi...

『幸せの日本論 日本人という謎を解く』(角川新書)お勧めフレーズ集(7)

『幸せの日本論 日本人という謎を解く (角川新書)』お勧めフレーズ集『幸せの日本論』(2015年4月10日発売)の文章の一部を順次ご紹介しています。全7回シリーズの最終回です。私は声を大にして言いたい。世界は、理想を共有すべきである。疑心暗鬼の人間関係からは、いつまで経っても信頼は生まれません。各国首脳は、「世界中のみんなの幸せに資するものが善」という、国家のエゴを超えた理念を共有すべきです。地方選出の国会議...

『幸せの日本論 日本人という謎を解く』(角川新書)お勧めフレーズ集(6)

『幸せの日本論 日本人という謎を解く (角川新書)』お勧めフレーズ集『幸せの日本論』(2015年4月10日発売)の文章の一部を順次ご紹介しています。全7回シリーズの6回目です。つくづく思うのは、童話「北風と太陽」で示されている本質が、近・現代社会では全く実現できていないこと。人類はなんて愚かなんでしょう。心から、嘆かわしいです。人類の一人として、恥ずかしいです。泣きたくなります。子供たちには「北風と太陽」の太...

『幸せの日本論 日本人という謎を解く』(角川新書)お勧めフレーズ集(5)

『幸せの日本論 日本人という謎を解く (角川新書)』お勧めフレーズ集『幸せの日本論』(2015年4月10日発売)の文章の一部を順次ご紹介しています。全7回シリーズの5回目です。アメーバのような、きょろきょろした日本。きょろきょろというのは内田樹さんの『日本辺境論 (新潮新書)』からの引用です。愉快ですね。日本列島が巨大なひとつのアメーバのようです。何を考えているのか得体が知れない。たくさんの目がきょろきょろして世...

『幸せの日本論 日本人という謎を解く』(角川新書)お勧めフレーズ集(4)

『幸せの日本論 日本人という謎を解く (角川新書)』お勧めフレーズ集『幸せの日本論』(2015年4月10日発売)の文章の一部を順次ご紹介しています。全7回シリーズの4回目です。下の文章(その一番の理由は…)のところは、長い文章ですが、本書で一番言いたい、痛感していることの一つです!日本的なもの、ないしは東洋的なものが西洋に行くとき、いつも一番大事な部分が抜け落ちて単純化されてしまうと感じます。システム思考も、デ...

『幸せの日本論 日本人という謎を解く』(角川新書)お勧めフレーズ集(3)

『幸せの日本論 日本人という謎を解く (角川新書)』お勧めフレーズ集『幸せの日本論』(2015年4月10日発売)の文章の一部を順次ご紹介しています。全7回シリーズの3回目です。文化心理学用語(相互独立的自己観、相互協調的自己観)を用いて述べています。競争社会から協創社会へ。近代以降の工業化社会では、合理的に判断し、競争に打ち勝ち、敵を打ち負かし、利益を独占して、株主の利益に貢献する企業が良い企業とされてきまし...

『幸せの日本論 日本人という謎を解く』(角川新書)お勧めフレーズ集(2)

『幸せの日本論 日本人という謎を解く (角川新書)』お勧めフレーズ集『幸せの日本論』(2015年4月10日発売)の文章の一部を順次ご紹介していこうと思います。全7回シリーズの2回目です。日本人の10の特徴:①日本人には裏表がある②日本人は考えをはっきり言わない③日本人は必要以上に謝る④日本人は人の目を気にする⑤日本人は決断が遅い⑥日本人は意味もなくニコニコ笑う⑦日本人は独立心、自尊心、自己統制感が低い⑧日本人は外国人に...

『幸せの日本論 日本人という謎を解く』(角川新書)お勧めフレーズ集(1)

『幸せの日本論 日本人という謎を解く (角川新書)』お勧めフレーズ集今日から、『幸せの日本論』(2015年4月10日発売)の文章の一部を順次ご紹介していこうと思います。全7回シリーズです。自分で気に入っているフレーズ集です。これらが一番言いたいところなので、これらを読むと本書の内容のイメージがわくのではないかと思います!日本は古いものから新しいものまで、経験してきた多様なことを、みんな、「中心が無」の構造の中...

幸せの日本論 日本人という謎を解く

『幸せの日本論 日本人という謎を解く (角川新書)』という本が4月10日に出版される運びとなりました。幸せ論ではなく、前から書きたかった、日本論です。本のイメージ。帯の文字はこれとは少し異なる予定です。...

佐藤しのぶ「出会いのハーモニー」

佐藤しのぶ「出会いのハーモニー」に出演。『幸せのメカニズム−実践・幸福学入門』についての話が盛り上がりました。佐藤しのぶさんは、まさに幸せいっぱい。幸せの条件を満たしている方でした!...

幸せとは何か/悟りとは何か

AiR 4 KDP (電子書籍AiR) という電子書籍に、「幸せとは何か/悟りとは何か」という文章を書きました。脳はなぜ「心」を作ったのか「私」の謎を解く受動意識仮説 (ちくま文庫) 以来展開してきた、心の幻想性や、仏教哲学と科学の関係の議論と、幸せのメカニズム 実践・幸福学入門 (講談社現代新書) で述べた幸福の4つの因子についての心理学的研究。両者は一見無関係に見えるかもしれませんが、私の中ではつながっています。本書...

Amazonのブックレビューは実名にすべきだ!

幸せの4つの因子のひとつは「人の目を気にしないこと」。そういわれても、Amazonのブックレビューは気になるので、読者からのフィードバックだと思って目を通しています。しかし、ここにあらぬことを書かれると、どなたかわからないので、反論できなくて残念。Amazonなどのブックレビューは実名だったらいいのに、といつも思います。以下は、4月17日にある人が書いた『幸せのメカニズム 実践・幸福学入門 (講談社現代新書)』のブッ...

現代は感情管理社会か

『感情資本主義に生まれて 感情と身体の新たな地平を模索する』(岡原正幸、慶應義塾大学出版会)を読んだ。なかなか刺激的で考えさせられる良書だったので感想と意見を書こうと思う。岡原教授(慶應義塾大学文学部)は、現代とは、自己実現や自己啓発、コーチング・セラピーを煽る社会であり、よりよい感情のありかたを身に付けなければ生きにくいような圧力が人々にのしかかる社会であるという。現代社会に合致した感情コントロ...

読売新聞に書評が掲載

朝日新聞に続き、読売新聞にも、『幸せのメカニズム』の書評が掲載。ありがたいことです。幸せはコントロールできる!脳・ロボット学者が解き明かす、そのしくみ。個人の幸福追求、幸せにつながるビジネスのために。人類にとって役に立つ、学問としての体系的幸福学。...

朝日新聞に書評が掲載

昨年12月に発売いたしました 幸せのメカニズム 実践・幸福学入門 (講談社現代新書)、今日の朝日新聞朝刊の読書欄に、小さな書評が載っていました。ありがたいことです。   全文:アリストテレスの昔から、幸福について考えるのは哲学の領域だった。本書では、ロボット学者が理系のアプローチで、先哲を悩ませてきた難問に挑む。工学者らしく、ものごとが働く仕組みを単純化して考えるモデリングの手法がいきている。日本人1500人...

人生の満足度を高めるために知っておくべき”メカニズム”

COURiER JAPONの2014年2月号(2013年12月25日発売、64-65ページ)に「人生の満足度を高めるために知っておくべき”メカニズム”」という記事が掲載されました。さすが、拙著 幸せのメカニズム 実践・幸福学入門 (講談社現代新書)の内容がうまく要約されています。...

どうしてアマゾンは帯付き画像をメイン画像にしてくれないのか!?

本の著者ではない方はあまりご存じない事実かもしれませんが、アマゾンの本の画像は、出版社が帯付きのものを載せておいても、Amazonが帯なしに差し替えてしまいます。Amazonの決まりで、WEBの本の画像は帯なしにすると決まっているからなのだそうです。帯という文化がないアメリカのAmazon本社のやり方に、日本のAmazonも追従しているということでしょうか。もしそうなら戦ってほしいですね。僕の最新刊も、18日に発売された時点...

Appendix

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR