Latest Entries

「悟りの境地」と「幸福学」

週刊金融財政事情8月22日号の一人一冊というコーナーに『「悟りの境地」と「幸福学」』という文章を掲載していただきました。

この雑誌は、以前、イノベーションについての記事を、保井先生、白坂先生とともに書かせて頂いた時からのご縁。

それにしても、金融財政事情に疎い僕に、金融財政事情とは関係なさそうな書評の執筆をお許しくださった、この雑誌の懐の広さに感謝! 禅を世界に広めた鈴木大拙氏の名著『禅学入門』は僕の愛読書です! 皆様もぜひ!

20160826185259.jpg

↓ 記事はこちら

続きを読む

「鎌倉会議」のためのクラウドファウンディングへのご協力のお願い

【クラウドファウンディングへのご協力のお願い!】

日本には、世界に広めるべき文化があります。
禅、武道、宗教、アート、科学技術、クールジャパン。

これらは、経済から環境まで、あらゆる社会課題が
解決困難に陥っている現代社会において、
新たな解決への糸口となるはずです。

そこで、日本から何を創造し何を発信すべきかを
対話するために、2016年 10月30日(日)に、
北鎌倉円覚寺佛日庵にて「鎌倉会議」を行います。

演者は、

出羽三山羽黒山山伏の星野文紘先達、
曹洞宗 国際センター長藤田一照氏、
「Go Wild!」等で有名な名編集長松島倫明氏、
サイエンス・エディター&ライターの長沼敬憲氏、
コミュニティデザイナーアーティストの菊池宏子氏、
ZEN2.0発起人で株式会社ennmono代表取締役の三木康司氏
そして、私。前野隆司。

しかし、佛日庵には60名しか入れません(涙)。

そこで、あの、美しい映像制作で数々の国際的な
賞を受賞している、EXIT FILM
http://exitfilm.jp
の田村祥宏氏に映像の制作をお願いし、会議の内容を
伝える美しい映像を作成していただきたいと思っています。

しかし、一流のプロですのでコストがかかります。。。
そこで、映像制作費用をプラウドファンディングで
集めさせていただき、ご援助頂いた方には、そのビデオの
視聴を始め、数々の特典を用意させていただくことによって
映像を世界に広めることを実現したいと考えています。

ところが、クラウドファンディング終了まで1ヶ月を
切った現在、まだぜんぜん集まっていません。。。。。。


涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙。
涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙。
涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙。
涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙。
涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙。


「趣旨はいいけど、映像にどうしてそんなにかかるの?」
という声。

かかるんです!いいものをつくるには。
田村さんのこれまでの映像を見ていただければわかります!
すばらしいんです。

田村さんの映像で、鎌倉から、日本の価値を、
世界に広めたいんです!

皆様、ご協力を、どうぞよろしくお願いいたします!
日本の文化を、鎌倉から、世界に拡げます。
がんばります。

皆様のご協力が必要なのです!
ぜひ、よろしくお願いいたします!
よろしくお願いいたします!
お願いします!

◆鎌倉のクラウドファウンディングサイト iikuni(いいくに)
「心」と「体」の幸せのあり方を鎌倉から世界に発信したい! !
~鎌倉会議を世界に~
http://iikuni-kamakura.jp/pj/IknE6283621

↑ ここです。

ちなみに、来年9月には、さらに本格的な会議「ZEN 2.0」を鎌倉で開催予定です。ご期待ください!
http://zen20.jp/

セドナ・モニュメントバレー・グランドキャニオン

学会(76th Annual Meeting of the Academy of Management)参加のためにアナハイムに来たのに引き続き、セドナの視察をしています。モニュメントバレー(セドナから車で3時間)、グランドキャニオン(セドナから車で2時間)にも足を伸ばしました。

20160816214536.jpg
左から、中村一浩さん、保井俊之さん、私。

sedona1.jpg
ベルロック(セドナ)

sedona2.jpg
エアポートメサ付近から見たセドナの夕焼け

20160813111608.jpg
夕方のモニュメントバレー

20160813112504.jpg
モニュメントバレーでの夕日

20160813072040HDR.jpg
モニュメントバレーの朝

mv_family.png
モニュメントバレーにて

gc_family1.jpg
グランドキャニオンにて

76th Annual Meeting of the Academy of Management

Managementという名の付く大学院(システムデザイン・マネジメント研究科)に所属して9年目。(遅ればせながら)はじめて、経営学会に参加すべく、アメリカ カリフォルニアのアナハイムに来ています。

76th Annual Meeting of the Academy of Management
AOM 2016 Theme: Making Organizations Meaningful
Anaheim, California, United States
August 5 - 9, 2016

実は、家族も一緒に来ました。家族はディズニーランドへ。僕は学会へ! 完璧な棲み分け!(笑)(すみわけ【棲み分け】:生活様式のほぼ等しい異種の生物群が、生活空間や生活時間・時期を分け、競争を回避しながら共存する現象。)

晴天のアナハイムコンベンションセンターで行われているAOM (Academy of Management) 。巨大な学会です。

Well-Being(幸福学)や Mindfulness(マインドフルネス)関連のセッションを見るだけでも毎日ぎっしりと見所いっぱい。さすが、アメリカでは、幸福学は経営学の分野でも既にメジャーになっていますね。楽しみです!

20160807111342.jpg

ハッピーワークショップ@慶応日吉

7/31に、久しぶりにハッピーワークショップ@慶應義塾大学を開催。90名以上の方が集まり、幸せに包まれました。

20160804075236.jpg

”しぇあわせ”さんが参加報告記事時を書いて下さいました!

しぇあわせさんの記事はこちら(前編)とこちら(後編)。

ポジティブ心理学・幸福学研究者交流会

2016年7月31日の15時〜17時30分に、慶應SDMヒューマンラボ主催「ポジティブ心理学・幸福学研究者交流会 〜幸せな世界実現のために私たちは今何を行っていくべきか!?」を開催しました。プログラムは以下の通りです。

- 「よく生きる(well-being)」ための倫理とポジティブ心理学 東工大 札野順

- 哲学とポジティブ心理学の現状 千葉大 小林正弥

- コーチングとポジティブ心理学 関西医科大 西垣悦代

- レジリエンス研究の現状とヨーロッパポジティブ心理学会議報告 東京医療保健大学 秋山美紀

- カナダポジティブ心理学学会報告 ニューヨークライフバランス研究所 松村亜里

- 幸福学の現状 慶應義塾大学 前野隆司

- マインドフルネスと企業経営 マインドフルリーダーシップインスティテュート 荻野淳也

- その後、聴講者を交えての交流・意見交換を行ないました。100名以上の聴講者が集まり、開場は熱気に包まれていました。この分野が必要とされていることをひしひしと感じる交流会となりました。

20160804074910.jpg

さとうみつろうさんのブログ

あのベストセラー『神様とのおしゃべり』の著者、さとうみつろうさんとお会いしました。

さとうみつろうさんのブログ『笑えるスピリチュアル 知ってるトキはシっている』に掲載して頂きました。
http://ameblo.jp/mitsulow/entry-12182498590.html

鎌倉会議へのクラウドファンディングのお願い

鎌倉会議へのクラウドファンディングのお願いを以下に掲示します! ぜひよろしくお願いいたします。

【クラウドファウンディングへの協力のお願い】

◆「心」と「体」の幸せのあり方を鎌倉から世界に発信したい!◆

という思いのもと、心(内的宇宙)と体(身体宇宙)をテーマにした本当の幸福について日本の叡智を集結し発信する『鎌倉会議』という10月に北鎌倉 円覚寺佛日庵にて実施する企画を立ち上げ、現在準備しています。

当日は各分野で活躍する60名のとても素晴らしい方々に集っていただける事になったのですが「この当日の内容を参加者だけに閉じておくのは大変もったいない!」との思いから、海外にも発信する動画映像を制作するための費用を集めるクラウドファウンディングプロジェクトをこの度スタートすることにしました。

◆鎌倉のクラウドファウンディングサイト iikuni(いいくに)
「心」と「体」の幸せのあり方を鎌倉から世界に発信したい! ! ~鎌倉会議を世界に~
http://iikuni-kamakura.jp/pj/IknE6283621

鎌倉会議にて話される「心」と「体」の日本の叡智を鎌倉から世界に発信し、幸せの和を広げていければと思っております。

ご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします!!

◆鎌倉会議とは?

実行委員長である、幸福学を研究する慶応大学SDMの、わたくし前野を中心に、
NPO法人世界連邦21世紀フォーラム理事長の木戸 寛孝さん、
CTIコーチンングを展開する株式会社ウエイクアップ代表取締役の島村 剛さん、
System Awareness Consulting代表であり、一般社団法人日本プロセスワークセンター前代表理事の横山 十祉子さん、
株式会社HeartToEarth 代表取締役 原田 直和さんらと企画しています。

当日の講演者は以下メンバーを予定しており、その他の参加者も、医療界、教育界、企業組織変革、社会企業家育成などの各分野で活躍される方々となります。

◆鎌倉会議の講演者

・出羽三山羽黒山の山伏、星野 文紘さん、

・曹洞宗 国際センター長、藤田 一照さん、

・『心と体を変える “底力” は “腸” にある 腸脳力』の著者である
サイエンスライターの長沼 敬憲さん、

・時代を先駆ける本を数多く編集されてきたNHK出版の編集長、松島 倫明さん

・コミュニティデザイナーアーティスト 菊池宏子さん

・ZEN2.0(http://zen20.jp)発起人 株式会社ennmono 代表取締役三木 康司さん

◆鎌倉のクラウドファウンディングサイト iikuni(いいくに)
「心」と「体」の幸せのあり方を鎌倉から世界に発信したい! ! ~鎌倉会議を世界に~
http://iikuni-kamakura.jp/pj/IknE6283621

の支援をよろしくお願いします!!

ハッピーワークショップ@ハワイ島

ハッピーワークショップ研究のためにハワイ島に来ています。

ツリーハウス
カロコハウスにあるツリーハウス

レインボウツリー
カロコハウスにあるレインボーツリー

星空
カロコハウスから見た星空

moon_201607091345337b1.jpg
月(月齢2日)

hana_20160709134532b05.jpg
ワイピオ渓谷で見た赤い花

菩提樹
菩提樹の木

瞑想
菩提樹の木の下で瞑想してみました

太陽の光
太陽

赤い溶岩
流れる赤い溶岩

クレーター
キラウエア国立公園(ハレマウマウクレーター)

クレーター小
キラウエア国立公園(キラウエア・イキクレーター)

虹
キラウエア国立公園で見た虹

「幸せ」を製品・サービスの設計変数に

あらゆる仕事は人々の幸せのためにあると思います。だとすれば、あらゆる仕事において、「幸せ」は陽に設計編数として考慮されるべきだと思います。

たとえば、カメラの設計変数は何でしょうか? オートフォーカス速度、画素数、鮮明さといった性能でしょうか? 価格や重さでしょうか? それらの設計変数も重要ですが、もしもカメラが人々を幸せにするためにあるのなら、「人々の幸せに寄与すること」が設計変数に入っているべきではないでしょうか?

それは、すべての仕事にあてはまることではないでしょうか?

このため、私は、「幸せ」を、モノ作り、コト作り、町作りなどの設計変数にするための研究を行っています。このことを実践することによって、世界人類全員が幸せに暮らす世界の実現が近づくと考えるからです。

我々の研究にご興味のある方、お気軽にお問い合わせください! いっしょによりよい世界を創りましょう!

今日(2016.6.19)の日本経済新聞に記事を掲載して頂きました。ありがとうございます。

Nikkei20160619.jpg

1000いいね

20年間、待ちに待った日が来ました。息子の二十歳の誕生日! 息子と飲んでます。

13319791_1048551515222603_3327225371470131897_n.jpg

数日前、上の内容をフェースブックに書いたら、なんと1000を超える「いいね!」をいただきました。自分でもびっくり。確かに、これまで、フェースブックに色々と投稿してきましたが、ほのぼの家族ネタと、「新聞や本に掲載されました」報告に多くの「いいね!」をいただける傾向があると思っていました。このたびは、これまでの「いいね!」数を大きく超える「いいね!」に自分でもびっくりしました。「いいね!」してくださった皆さん、ありがとうございました!

あまり数に一喜一憂すべきではないんですけどね。人と比較できる財は「地位財」といって、長続きしない幸福のもとであることが知られていますので。とはいえ、確かに、短期的な(長続きしない)幸せは、感じました! ありがとうございます。

RETREATー森と共に、歩む日々。

お世話になっている 株式会社森へ の森のリトリート。
その内容が本になりました。

RETREATー森と共に、歩む日々。

kindle版のみ。300円です。私はkindleを持っていなかったので疎かったのですが、kindleアプリをPCにインストールすればPCでも見られます。

森の美しい写真にいやされます。森のリトリートのノウハウが全部惜しげもなく書いてあります。お得過ぎです。

森のリトリートとは何かを知りたい方は、私の本も読んでみてください!

幸せの日本論 日本人という謎を解く (角川新書)』 森のリトリートのことも述べています。

人生が変わる! 無意識の整え方 - 身体も心も運命もなぜかうまく動きだす30の習慣 - (ワニプラス)』 株式会社森への山田博さんと対談しています!

51omowbrsxL204203200.jpg

日本から幸せと平和を発信しよう

五井平和財団主催「講演会シリーズ:21世紀の価値観」第46回 開催のお知らせ
『日本から幸せと平和を発信しよう』

講師:前野隆司
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科委員長・教授

2016年6月28日(火)18:30~20:00(開場18:00)
東京ウィメンズプラザ ホール

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科では、人間に関わるあらゆるものごとをシステム(要素の関係性)と捉えて新たにデザインし、マネジメントするという教育・研究を行っています。本研究科の教育・研究対象は、技術システムから社会システムまで幅広いという特徴があります。
そのなかで、講演者は、「幸福学」を専門とし、”幸せな人生のデザイン”や、“人々を幸せにする製品・サービスのデザイン”の研究を行っています。
「日本から幸せと平和を発信しよう」と題する本講演では、研究してきた”幸福学の基礎(幸せの4つの因子)”について述べると共に、システムとしての日本の構造を分析し、日本が世界の幸福と平和のために何をなすべきかについて述べたいと思います。

Counting Stars

One Republicの“Counting Stars"という曲をご存知ですか? 2013年リリースの曲。

大学2年生の息子が、めっちゃかっこいい曲があると教えてくれたものです。遅ればせながら、はまってますw

Counting Stars/One Republic
視聴回数 1,265,373,180 回(なんと12億回!)

Counting Stars/Alex Goot, Kurt Schneider, and Chrissy Costanza Cover
視聴回数 4,777,474 回(カバーの方も、470万回!)

僕が何度も聞き入り、耳に焼き付いているフレーズ集(+僕の和訳(意訳)):

No more counting dollers. We’ll be counting stars.
ダラーを数えるのはもうたくさん。これから僕たちは、星を数えていくよ(たくさんのお金を目指すのではなく、それぞれの多様な夢を目指すよ)。つまり、地位財(長続きしない幸せ)よりも非地位財(やってみよう!因子)へ。 画一的な価値観から、多様な価値観へ!(あなたらしく!因子)。それもみんなで(ありがとう!因子)、前向きに(なんとかなる!因子)。

I feel something so right doing the wrong thing.
I feel something so wrong doing the right thing.

世の中で間違っていると言われていることをしている時に、実は正しいことをしているのではないかと感じるんだ。
逆に、世の中で正しいと言われていることをしている時に、実は間違ったことをしているのではないかと感じるんだ。

Everything that kills me makes me feel alive.
あらゆる過酷な試練に挑んでいる時に、僕は、生きていると感じるんだ。

あー、いい曲。みなさん、ぜひ、歌詞を味わいながら、何度も聴いて下さい。かっこいいです。メロディーも、歌詞も、リズムも。世界中で、12億回聴かれているだけのことはあります。この曲を教えてくれた息子に感謝。幸福学ですね。

山中湖

山中湖に来ています。

20160512095321.jpg

20160512111754.jpg

20160512114039.jpg

20160513090412.jpg

20160512121007.jpg

20160513133022HDR.jpg

龍潭寺

2017年度の大河ドラマの主人公井伊直虎ゆかりの寺、龍潭寺@浜松市に来ました。臨済宗の禅寺で、庭が美しいです。

20160412133452.jpg

20160412130125.jpg

20160412130243.jpg

20160412124301.jpg

学位授与式

今日は慶應義塾大学大学院の学位授与式。

私たち慶應SDMでも、修士課程7期生と博士課程6期生が巣立っていきました。

今年はいろいろなものを頂きました。

20160328235916.jpg
慶應SDM 7期生限定、修了祝い名前・SDMロゴ入りグラス+赤坂ビール+ホッピー学位授与お祝いバージョン

20160328182438.jpg
木をレーザーカッターで削って作ったネームプレート

デザインと革新

読破!!!

nosigner.png

デザインと革新(太刀川 瑛弼 (著)、パイインターナショナル、2016/2/22)

慶應の授業もお願いしているnosigner太刀川さん(4月から、慶應義塾大学の全学部!の学生向けに英語でInnovative Design Project (現代ビジネス論I)を一緒に教えます!)のこの本はすばらしい。みんな、買って下さい!

「うんうん、確かに」ないしは「なるほどー」とうなずかざるをえないような深い内容がちりばめられています。しかも、はっとさせられる絶妙の表現で。しかもそんなすばらしいtipsが50個も。

2015年12月のミラツクのイベントでパネルトークをした時に「太刀川さんは天才!」と言ったら隣にいた太刀川さんに「僕は天才ではありません!」と反論されたことが記憶に新しいですが、本書を読んで「やっぱり天才的だよなー」と思いました。大切なことを切り取り表現する感性が天才的。

太刀川さんが「自分は天才じゃない」と言った理由は「努力もせずに才能だけで仕事をしているような人ではないよ」という意味だったのだと思います。もちろん、本書に書かれているようなことを、徹底的にやりきる力を持っているという意味で天才的、と言っているのであって、感性だけで何か思いつく天才、という意味ではありませんので、誤解のなきよう。

というわけで、すばらしい言葉に満ちていてお勧めです。ただし、天才太刀川さんの言葉なので、これを読んだ人がすぐに同じような優れたデザインを産み出せるかというと、残念ながらそうではないかも知れません。

なにしろ、学びは、必ず、「ある知見を、わかるようになった人にはわかるが、まだわからない人にはわからない」という矛盾した構造になっていますからね。わかっている人は「うんうん、確かに」と理解できますが、その人はもうわかっているのだから本来読む必要がない(頭の整理にはなりますけどね)。一方、「なるほどー」と知らなかったことを知って驚いている人は、実は暗黙知・身体知として完全に理解しているわけではないから、実はまだ使いこなせない、というわけです。

この、矛盾に見える構造を超えなければならないというのが教育の永遠の課題なんですよね。
もちろん、超えるための手がないわけではなく、太刀川さん本人がこの本の帯に「デザイナーになる前の僕が本当に読みたかった人生の近道になるような本を作りました」と書いているように、本書は、そこに挑んでいるものです。デザイナー(いや、ノザイナー?)だけに、わかりやすくするための工夫・実例・ビジュアルも豊富です! とにかくお勧め!

Finishedとご馳走様、Win-Winとお互い様

アメリカのレストランで食事をしていると、食べ終わった頃に、ウエイトレスに”Finished?”と聞かれますよね。和訳すると「終わった?」です。このつっけんどんさへの違和感にはなかなか慣れることができませんでした。もちろん、そういう文化なのだから何も攻める筋合いはないのですが…… 日本だったら「おすみになっておられますでしょうか」でしょうか。
食べ終わった側の言葉も、日本だと「御馳走様」です。馳走とはもてなしやその結果としての料理ですから、それに御と様を付けて二重に尊敬・尊重しているわけです。日本語の精神、すばらしいですね。

2者間で何かをする際の、“Win-WIn”と”お互い様”の違いも明確ですね。Win-Winは、せこいですねー。自分たちだけが勝とうという下心が完全に丸見えです(いや、これもそういう文化なのであって、本来、disる筋合いはないのですが)。あるいは、"give and take"。与えると得る。味気ないですねー。一方通行。それに対し、お互い様の方は、互いに御と様を付けて二重に尊敬・尊重しているわけです。相手を敬う気持ちが表れている表現ですね。それに、双方向。すばらしい。

今日、Way & I さんのハピネスフォーラムで講演+ワールドカフェを行なっている中で思ったことでした。こういう日本の良さを、少しずつでもいいので、世界に広めて行くべきなのではないか、という議論が盛り上がりました。

ちなみに、昨日とおとといのブログに、「○○し+合わせること」が日本の幸せの語源であることを書いてきました。今日のフォーラムでも、「○○し合う」ことが日本の良さではないか、という話が出ていました。確かに、日本のおもてなしはサービスとは違って双方向的である(主客融合)という話を聞いたことがあります。主人が客をもてなすだけでなく、客も主人をもてなす。もてなし合いですね。もてなしあわせ。

「○○し+あわせ」と「○○し+あい」

昨日、ブログに、以下のようなことを書きました。

みんなが、許し合い、信頼し合い、助け合い、愛し合い、尊敬し合えば幸せな世界を創れるはず。

一方、争い、疑い、蹴落とし、憎み、軽蔑し合えば不幸せな世界になる。

これを自分で見返していて気づいたことを以下に書きます。

まず、「幸せ(仕合わせ)」と「試合(仕合い)」の語源は、実は同じです。

「仕+合わせ」と「仕+合い」。

どちらも、なにかをする(act)+合う(relate)から成ります。

つまり、

許し合い、信頼し合い、援助し合い、愛し合い、尊敬し合えば、仕合わせ(正の連鎖)になり、

(必要以上に)競争し合い、騙し合い、蹴落とし合い、憎悪し合い、軽蔑し合い、化かし合うと、仕合い(不の連鎖)になる、

ということなんですね。仕返しし合う世界ではなく、助け合う世界を創りたいものです。

今日の言葉2

世界中が幸せで平和な世の中

世界中の人が幸せで平和な社会は、創れると思います(理想主義だ! という方もおられるでしょうが、理想を語らないと現実は動かないとも思います)。

昨日、三田愛さんが企画するコクリキャンプに出ている時に、実現したい未来について話し合っていて、そう思いました。

実は、皆が幸せで平和な世界を創るのは、実に簡単です。

みんなが、許し合い、信頼し合い、助け合い、愛し合い、尊敬し合えばいいだけ。

争い、疑い、蹴落とし、憎み、軽蔑し合うことを、やめればいいだけ。

世界中で行なわれている幸福学の研究成果からいうと、許し合い、信頼し合い、助け合い、愛し合い、尊敬し合ったほうが明らかに幸せなので、そうすればいいだけ。

なのに、そうとは知らず、人類はなんて愚かなことに、争い、疑い、蹴落とし、憎み、軽蔑し合い続けていることでしょう。

昨日、井上英之さんに、「前野さんのように幸せのことを言い続ける人がいるということが、今の時代に必要」と言って頂き、勇気百倍。僕の使命は、みんなと協力して、理想の世界を描き、発信して行くことなんだなあ、とやる気に満ちました!

おとといは、稲葉俊郎さんに、「本気で頑張り続ければ、僕たちが願う平和な世界は10年で実現する」といわれたことにも感動。みんなで、本気で頑張り続けようではありませんか!

今日の言葉

「自己受容」は「幸せ」と比例する

あなたは自分が好きですか?

この図を見て下さい。日本人1500人のアンケート調査結果の散布図です。縦軸の人生満足尺度SWLSは幸福度の尺度、横軸は自己受容しているか否かを表しています。自分を好きな人ほど、幸せであることが見て取れます。
SWLSと自己受容の関係
見ると、自己受容が高い人は人生満足尺度も高く、自己受容が低い人は人生満足尺度も低い傾向が、くっきりと現れています。

幸せの4つの因子を導き出した蓮沼理佳さんの修士論文(2012年3月慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科)「幸福・性格・欲求の調査アンケートに基づく幸福感の関係解析」を改めて読み返していて気付いた、これまであまり述べていなかった重要な点なので、抜粋してみました。

人生満足尺度SWLS (Satisfaction with life scale)は、Dienerによる長期的な幸福度の評価尺度です。

「自己受容」は、以下のアンケートの結果です。

「自分の人生を振り返ったとき、今までの物事の成行きを喜んでいる」
「自分の大部分が好きだ」
「自分が人生で達成したことに多くの面で失望している」(逆転項目)

蓮沼の研究の範囲では、幸せの心的要因の中で、「自己受容」が最もDienerの「人生満足尺度」との相関が高いという結果が得られています。

自分の良いところも悪いところも含めて、自分を好きであることが、幸せのために極めて重要ということでしょう。グラフを見ると、自己受容ができていなくて幸せな人はいませんし、自己受容ができていて不幸せな人もいません。明らかな傾向が見て取れます。

なお、以下の作田らの論文によると、「自己受容」は深い「自己肯定感」と関連深いと述べられています。

深い自己肯定感(実存的自己肯定感)
自分の醜いところや、人を恨んだり、妬んだりする気持ちも含め、ただそのまま、あるがままに認めることができる自己受容に伴って生じる肯定的感覚。

作田澄泰、中山芳一、コミュニケーション行為による自己肯定感向上に関する研究—キャリア教育の視点から見た道徳授業実践を通じてー、岡山大学教師教育開発センター紀要、第2号、2012、pp. 14-23

自分を好きになりましょう。いいところも、悪いところも。

MANIFESTO

"THE HOLSTEE MANIFESTO"に触発されて、幸せのためのマニフェストを作ってみました。

ちょっと照れくさいですが、公開します! HOLSTEE社のMANIFESTOに雰囲気は似ていますが、載っている言葉はその和訳ではなく、オリジナルです! (私的な利用のためのダウンロードは自由ですw)
言葉ポスター

この言葉も載せた方がいい、というご意見などありましたら、お寄せ下さいw!

みんなも、各自、自分バージョンを作ると面白いかも知れませんね。

愕然のワークショップ報告。人は制度により180度変容する。「金」か「ありがとう」か。

20160117153410.jpg







今日は、私のワークショップ(WS)史上、最高に印象的なWSを体験しました。すごかった。なにしろ、ふたつのWSの対比が、すごかった。経済破綻と、祭り。

2016年1月17日、慶應SDMヒューマンラボでは『「人を幸せにするおカネ」を創るワークショップ』を開催し、約40名の方にお集まりいただきました。

参加者には、各チームが「利益の最大化」と「ありがとうの最大化」を目指す、極端な2つのビジネスゲームをそれぞれ40分ずつ体験してもらいました。

「利益最大化」ゲームでは、一部の部品価格がつり上げられた結果、市場が硬直化し、取引が行なえなくなり、皆が立ちすくみ、不信感や怒りが渦巻き、全体を非常に嫌な雰囲気が覆いました。みんなで力を合わせれば全体としての富は増えるのに、一部の価格つり上げによって、買い占めによる物不足のような市場硬直状態が出現したのでした。

一方の「ありがとう最大化」ゲームでは、様々な工夫が行なわれ、円滑でハートフルな売買が短期間で行なわれ、人々には愛と笑顔とふれあいがあふれ、実に暖かく幸せに満ちた理想郷のような市場が出現したのでした。大げさではなく、見ていて涙があふれるほどでした。特筆すべきは、「ありがとう最大化」ゲームでは、人々の幸福度が向上したのみならず、売買が早く進み、全体としての利益も増加していたことです。つまり、「(個別の)利益最大化」ゲーム以上に、「(全体の)利益最大化」になっていた点です。

要するに、社会のルールを少し変えるだけで、人の行動や感情はこんなにも変わるのか、ということを、極めて明確に、目の当たりにし、実感することのできた場でした。もちろんこうなることはある程度予測していたのですが、予想を超えた両極端な状態を、わずか40分のワークショップで創り出せることがわかった、という点が大きな気づきでした。近年、物の豊かさから心の豊かさへ、マネー経済からボランタリー経済へ、地位財から非地位財へ、金融資本から社会関係資本へ、右肩あがり一辺倒の社会から持続的な社会へ、画一化不幸社会から多様化幸福社会へ、と様々な言葉でいわれている社会構造変化の必要性を、体と心で感じることのできるワークショップを新たに世に問うた記念すべき日となりました。

続きを読む

「幸せ」を工学博士とお坊さんが解明しました あなたの幸福度が上がるメソッドを大公開

「幸せ」を工学博士とお坊さんが解明しました
あなたの幸福度が上がるメソッドを大公開

という記事が東洋経済オンラインに掲載されました。
井上広法僧侶との対談の前半です!

http://toyokeizai.net/articles/-/100178

inoue_maeno.jpg

無意識の整え方

817kbbLBE2L のコピー

人生が変わる! 無意識の整え方 - 身体も心も運命もなぜかうまく動き出す30の習慣 - (ワニプラス)という本が2016年1月26日に発売されることになりました。

心身統一合氣道会会長の藤平信一氏、僧侶の松本紹圭氏、株式会社森への山田博氏、東大病院循環器内科の稲葉俊郎氏との対談集です。

あとがきにも書きましたが、『人生が変わる! 無意識の整え方 - 身体も心も運命もなぜかうまく動き出す30の習慣』というタイトルは、ちょっとウケ狙い的で、タイトルと内容が一致していないという気もします。無意識を整えるというよりも『世界の整え方』『精神世界の科学』『前野隆司 四人の達人とのパラダイムシフト対談』『21世紀はこう変わる 四人の次世代型リーダーとの対話』『五人は知っている〜心・体・世界の未来』といった壮大なタイトルの方が相応しい気もします。しかも、本書では運命の話はしていませんので「運命がなぜかうまく動き出す」保証はありません。しかし、ここは、百戦錬磨の出版社の方が決めて下さったタイトルなので、尊重することにしました。対談なのですらすら読めると思います。自分で読んでいても面白く、発売が楽しみです!

続きを読む

イノベーションの幸福学

10月から連載を開始した、日経テクノロジーオンライン「イノベーションの幸福学」(前野隆司)。最初の2回は単独インタビューして頂いた記事ですが、11月の濱口秀司さんからは対談形式です。イノベーションと幸せについて探っていきます。

濱口さんとの対談記事(全4回)が終わったところですが、日経テクノロジーオンラインには「イノベーションの幸福学」の全体像を把握できるページがなく、どこから読めば時系列に読めるのかがわかりにくいと思うので、これまでの記事一覧をまとめてみました(記事が増えたらたぶんまたやります)。

【前野隆司インタビュー】

イノベーションの幸福学
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/091600011/

イノベーションは、誰でも起こせる 前野教授、創造の幸せについて大いに語る(その1) [2015年10月02日]
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/091600011/091600001/

イノベーターは、愛される変人であれ 前野教授、創造の幸せについて大いに語る(その2) [2015年10月16日]
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/091600011/091600003/

【濱口秀司さん対談】

優れたアイデアは、特許では守れない 前野教授、濱口秀司さんと創造と革新について語り合う(その1) [2015年11月25日]
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/091600011/111700004/

イノベーションを成功に導く五つの「P」 前野教授、濱口秀司さんと創造と革新について語り合う(その2) [2015年11月27日]
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/091600011/111700005/


「能力」を持つイノベーターの見極め方 前野教授、濱口秀司さんと創造と革新について語り合う(その3) [2015年12月11日]
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/091600011/120100006/

イノベーションは、1日にして成らず 前野教授、濱口秀司さんと創造と革新について語り合う(その4) [2015年12月25日]
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/12/25/01465/?rt=nocnt

<予告編>
ちなみに、次回の対談相手は、ホッピービバレッジ株式会社の石渡美奈さんです! すでに対談の収録を楽しく終えています!

世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論

著者の永崎裕麻さんに頂いた『世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論』(いろは出版、2015年12月1日、1400円+税)を読みました。とても共感。①シェアが大事、②細かいことは気にしない、③今にフォーカス、④つながりが大事、という話。ある調査で幸せ度世界一となったフィジーに移住した著者の体験談です。タイトルには非常識とありますが、非常識というよりも僕が研究してきたことを徹底している国だと思いました。たとえば、フィジーでは、バーで他人のビールを飲むのは自然。シェア型経済ですね。ずっと昔に読んだ名著『パパラギ はじめて文明を見た南海の酋長ツイアビの演説集 (ソフトバンク文庫)』の内容とも通じる所がありました。若い(30代の)著者が伸び伸びとフィジーのことを書いているタッチが軽妙で、面白くてスラスラと読み進めました。日本人が忘れかけている豊かな幸せが南の島にはあるんですね。フィジーに行きたくなりました。いや、行きます! お勧めです!

20151130204418.jpg

『2030年の「働く」を考える』と『イノベーションの幸福学』

今日は、『2030年の「働く」を考える』(リクルート)と『イノベーションの幸福学』(東洋経済オンライン)に記事を掲載して頂きました。

リクルート『2030年の「働く」を考える』のインタビュー記事『幸せの4因子を満たしていけば、幸せなまち、企業、社会を創ることができます』はこちら

東洋経済オンライン『イノベーションの幸福学』の、濱口秀司さんとの対談記事『前野教授、濱口秀司さんと創造と革新について語り合う(その1)』はこちら

前野リクルート
リクルート『2030年の「働く」を考える』より

紅葉の京都

2015年11月19日から23日に京都に行ってきました。22日に結婚式に出席するため。せっかくなので前後も京都へ。例年だと紅葉真っ盛りの時期のはずですが、今年の紅葉前線は遅めでした。とはいえ、赤・黄・緑の木々や寺社の美しさを堪能してきました。その一部の写真を公開します!

19日午後に京都着。昼食後、東福寺と伏見稲荷へ。

東福寺にて

東福寺

東福寺ふたり

東福寺方丈八相庭園

東福路の庭

伏見稲荷にて

伏見稲荷

20日は、常寂光寺、二尊院、祇王寺へ。

常寂光寺にて

常寂光寺

常寂光寺のモミジ

常寂光寺の紅葉と苔

二尊院にて

二尊院

二尊院のモミジ

祇王寺にて

祇王寺

3日目の21日は、南禅寺、禅林寺へ。

南禅寺にて

南禅寺

南禅寺水路閣

南禅寺天授庵

南禅寺天授庵の池

禅林寺にて

禅林寺

禅林寺のモミジ

22日は結婚式。23日は、清水寺と天龍寺へ。

清水寺にて

清水寺

清水寺の三重塔

渡月橋より

渡月橋より

天龍寺にて

天龍寺

天龍寺のモミジ

Appendix

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR